講師紹介

プロフィール

蜂須賀 真弓 (はちすか まゆみ)
神奈川県横須賀市 出身
2児の母 (8歳、10歳の女の子)

はじめまして、蜂須賀です

セルフケアコーチの蜂須賀 真弓(はちすか まゆみ)です。

学生時代のバスケットボールで負担をかけていた身体。
高校生の頃、坐骨神経痛により電車でうずくまってしまった経験から、いつもお財布の中に痛み止めを入れた生活を送る。
理学療法士として働きだすも、小さな体で無理をしてたびたび腰痛になることも。
1人目の妊娠時、ついに、腰痛・右足の静脈瘤・下肢の神経痛・全身的なむくみ・尿蛋白など様々な不調が出現。
「これはまずい」と思い、森田愛子先生の下で初めて自分の身体と向き合うようになる。

自分のことが認識できてくると、自然に身体に負担のかかることをやめるようになり、いつの間に不調消失。
いつ起こるかわからない不調に惑わされることがなくなったことで、日々の充実感も激変。
イライラしやすい、時間に追われてバタバタしている生活から笑顔いっぱいの充実した日常に。
変化は自分だけでなく「落ち着いたよね」「いつも楽しそうだよね」と周囲の人も気づくほど。

自分と同じように「もっと笑顔になって欲しい」と病院や施設で働くも、重い病気や障害で苦しんでいる方々と接する中で少しづつ気持ちが変わり「そもそも病院で入院や通院をしなければならない程悪化する前に何とかならないか?」と思うように。

2019年、次女が小学生になるのを機にセルフケアコーチ a-hinahina代表として独立。

一般的な治療や健康法を言われるがままに行うのではなく、自分で自分を理解できるようなセルフケアを提供。

今まで経験してきた理学療法士としての知識や技術、森田氏考案の「呼吸・整体」などを総合的に活用し、笑顔いっぱいの充実した日々を目指して必要なセルフケアや日常生活アドバイスを提案するためのコーチングを行っている。

保有資格と認定

理学療法士 (国家資格)
三学会合同呼吸療法士
呼吸・整体 基礎・応用講習 全過程修